HOME > 専業主婦の為のカードローン情報 > カードローンの利用限度額は専業主婦だと違うの

カードローンの利用限度額は専業主婦だと違うの

銀行を利用すれば専業主婦でもカードローンを利用することができます。
このカードローンではどのくらいの利用限度額になるのかと気になっている人もいるでしょう。
多くの借入ができれば様々な金銭トラブルにも対応することができます。
カードローンの商品紹介を見ると、限度額が500万円や1000万円という設定になっています。
もしかしたら自分もこのぐらいの利用限度額の設定になるのかと期待している人もいるかもしれません。
しかし専業主婦の利用限度額はこの商品紹介で表記されているような限度額ではなく、専業主婦に対しての利用限度額が各金融機関によって決められています。
その利用限度額は30万円、50万円の設定にしている銀行が多いようです。
専業主婦はカードローンが利用できても、これ以上の借り入れはできないと考えておく必要があります。


専業主婦に対しての利用限度額の設定を知ると、どうしてこんなに低いのかと思う人もいるかもしれません。
専業主婦は収入がないため、自身の返済能力はとても低いと判断されています。
この返済能力からすれば、お金を借りられるだけでも良いと考えるべきでしょう。
また、専業主婦の利用限度額の上限が30万円、50万円だからといって、誰でもこの金額を借りられるわけではありません。
場合によっては、利用限度額が10万円となることもあります。
利用限度額は審査によって決められるのですが、申し込みの際に希望限度額の欄に30万円や50万円を記入する人も多いです。
できるだけ多くの借り入れができるようにしたい気持は分かりますが、希望借入額が高いことで審査のハードルを上げることにもなります。
少しでも審査に通る可能性を高めたいと考えるのなら、10万円程度の希望限度額にすることが大切です。


10万円程度の借り入れができることで、月末の支払いで数万円足りない時でも大きな助けとなる存在となるでしょう。
もしこの利用限度額に不満を持っている場合には、増額申請をすることで利用限度額を引き上げてもらえることもあります。
ただ、増額申請をしたからといって、専業主婦の上限である30万円、50万円以上に設定されることはないと考えておきましょう。
また増額申請をすると新たに審査を受けることになります。
今までの利用実績が悪い状況では、増額申請をしてもまず審査には通らないでしょう。
増額申請をする金融機関以外にも借り入れをしている場合には、これも審査にはマイナスのポイントとなってしまいます。
借入が増額申請する金融機関のみで、延滞などをすることもなく数年間カードローンを利用してきた人は、増額申請をすることで利用限度額を増やしてもらえる可能性は高いでしょう。
専業主婦は返済能力の点から考えて多くの借り入れはできませんが、カードローンはもしもの時のために事前に準備しておくのも良い方法です。

次の記事へ