HOME > 専業主婦の為のカードローン情報 > 専業主婦に対するカードローンの審査基準とご主人の収入の安定性

専業主婦に対するカードローンの審査基準とご主人の収入の安定性

専業主婦の方々は、しばしばカードローンを検討しています。
生活資金などが理由で、金融業者からお金を借りたいというニーズも多いですが、その際に審査が気になっている主婦の方々も多いです。
金融業者にて申し込みをすれば、ほぼ確実に審査を受けることになります。
これはほぼ例外はありません。
それで金融業者としては、安定収入の有無を慎重に確認しています。
貸したお金を返済してもらうことで成り立っていますので、安定収入があることが、最優先される訳です。
ただし専業の主婦ですと、パート勤めをしている主婦とは違って、本人には安定収入がありません。
ですから果たして金融業者による審査に無事に通るか否かを気にしている主婦の方々も、大変多いです。
せっかく申込みをしても、審査否決になれば借りられないからです。


ところで専業の主婦の方々ですと、総じて配偶者の状況が、1つのポイントになります。
確かに主婦本人には安定収入はありませんが、同居しているご主人に収入源があるなら、特に問題はないとみなされるわけです。
そもそも金融業者にお金を返す以上は、どこかから資金を調達することにはなります。
そして専業の主婦の方々ですと、もちろんご主人のお金を日々使用して、毎日の生活を営んでいます。
ですからカードローンの返済に関するお金も、ご主人の収入の一部を使えば問題ないという考え方になり、実際には主婦でもカードは発行可能です。
ただし消費者金融では少々難しく、基本的には銀行で申し込みをするケースが殆どです。
消費者金融としては「本人に」収入があることを重要視していますから、専業の主婦では難しいわけです。
逆に銀行ならば、特に問題ないことも多いです。


では専業主婦が申し込みをすれば、審査に通る確率は100%かと言われれば、難しい事はあります。
確かにご主人に収入にあるなら、特に問題はありません。
しかし、それはご主人の収入に問題がないことが前提条件になります。
ご主人に関する問題点が見られる時などは、カードの発行が難しいことは実際あります。
例えば、収入の安定性です。
収入を得ていれば良いのではなく、それが「安定」しているか否かが、重要視される訳です。
仮にご主人が収入を得ていても、人によっては毎月の収入の数字は、少々波が大きいこともあります。
収入が不安定な状態では、金融業者としても敬遠をする傾向はあります。
もちろんご主人の収入に問題がなければ、審査に通る確率は高まります。
ですから結局は、カードローンでは収入状況は審査される訳です。

次の記事へ