HOME > 専業主婦の為のカードローン情報 > 書類があれば専業主婦でも消費者金融でのカードローンは申し込み可能

書類があれば専業主婦でも消費者金融でのカードローンは申し込み可能

専業主婦がカードローンの申込みをしたいなら、銀行にするべきだと言われる事はよくあります。
というのも多くの消費者金融では、申込者「本人」に安定収入がある事が前提条件となり、審査ではそれも慎重に確認される訳です。
そしてパートやアルバイトなどで働いている主婦の方々と異なり、専業の状態ですと、本人には安定収入がありません。
ですから専業の主婦では、消費者金融から借りるのは困難なので、銀行から借りるのが望ましいと言われる事も多いです。
しかし実際には、消費者金融でも専業の主婦がカードローンを利用する事も、一応可能ではあります。
所定の書類を取り揃えた上で、消費者金融にそれを提示すれば、専業の主婦でも借りられる場合があります。
しかし色々と手間の問題もあるので、結局は銀行がおすすめではあります。


具体的にはどういう書類の提出が必要かというと、まずご主人が記入した同意書です。
ご主人の許可を取る必要があります。
その流れですが、まずは主婦の本人がご主人に対して事情を説明します。
カードで借りたいという旨を、ご主人と話し合う訳です。
なぜなら、上記の同意書を書く必要があるからです。
その同意書に記入をすると、「妻が消費者金融に申し込みするのに同意」した事になります。
実際同意書にも、その旨が明示されている訳です。
ご主人がその書類に記入してもらう必要がある以上は、やはり許可を取る必要があります。
その同意書を記入してもらった上で、消費者金融に提出をした上で、申し込み手続きを進める事になります。
もちろん同意書だけでなく、本人確認書類も消費者金融に提出する事にはなります。


それだけではありません。
専業の主婦が消費者金融に申し込みをしたいなら、住民票も提示する必要があります。
住民票には、家族構成が記載されています。
もちろん申し込みをする主婦本人の名前や住所も書かれていますが、配偶者の情報も明記されている訳です。
なぜ住民票を掲示する事になるかというと、上記の同意書の記載をした人物の状況を証明する為です。
同意書に記載された内容と住民票を照合して、慎重に審査を行う訳です。
ですから専業の主婦でも、その住民票と同意書があれば、一応は消費者金融で申し込みはできます。
しかしご主人に話をする必要がありますし、そもそも書類を取り揃えるのも面倒です。
そして銀行で申し込みをする分には、その2種類の書類は求められません。
ですから主婦の場合は、銀行に対する申込みが推奨される訳です。

次の記事へ